着物の良いところ

着物の良いところ

着物の良さのひとつは、保存方法を気をつければ何世代にも渡って着る事ができることです。

 

私も実際に、おばあちゃんの着物を着て出かけることがあります。

 

デザイン的にも全く古さを感じず、むしろオシャレで、ちゃんと保存していたのでシミや虫食いも無く、まるで新品のような見た目です。

 

成人式に着た振袖も、祖母の時代に作ったものを着ました。

 

会場に向かう途中、通りすがりのおばあちゃんに「素敵な柄ね。最近はあまり、こういった古風な柄は見なくなったけど、なんだか懐かしいわ。」と言われて、日本の古き良きものを大切にすることで誰かに喜んでもらえることもあるのだなと嬉しく思ったこともあります。

 

夏になると浴衣を着ている人を多く見かけますが、衣装が変わるだけで日本独特の美しさを身にまとうことができることも、着物のすごいところです。

 

海外のセクシーなドレスに比べて圧倒的に露出が少ないのに、なぜ色香や美しさが出るのか…不思議でなりませんが、きっと着物を着ると洋服の時よりも手首、足首、首のあたりだけが出ているため、かえってその部分がほっそり見えるのが一つの要因かなと思います。

 

色っぽさに関しては、肌を出す色気、ではなく、肌を隠すことによって目のいくポイントを絞ることによる色気、というのもなんだか日本らしいなと思います。

 

普段着から正装まで、様々な場面で着ることができる優れものであり、何百年も前から型を変えずにずっと現代まで残ってきた着物は本当に素晴らしい伝統です。